痙攣する男性の写真

家族や友達、道などですれ違った人などが、突然発作を起こし、痙攣し倒れてしまったら、あなたはどうしますか?当サイトでは、突然の発作に遭遇した場合の対応方法を紹介します。

てんかん発作への対応、気を落ち着かせること

てんかん発作には様々な種類があり、手足を曲げ延ばしする症状や手足を突っ張り体を硬くする症状、短い間に突然意識が消失するなど、症状は多岐にわたります。
発作が起きるのを初めて見る場合、周囲の人も慌ててしまいがちですが、まずは落ち着いて行動すれば大丈夫です。冷静に対処する事が大切です。
全身けいれんなどが生じた場合でも、通常は数分で発作が落ち着き、その後10分から20分程度で意識が回復する事がほとんどですので、急いで救急車などを呼ばず、まずは様子を見て下さい。
病院に連れていく必要があるのは、けいれんが長時間止まらない時や、意識が回復する前に再度けいれんが起きてしまった場合です。
発作を起こした場合、その人が道路や階段など危険な場所にいた時は安全な場所に移動させてあげましょう。
けいれんの動きによって怪我をしないよう、周囲に危険物があったら取り除きます。
横にした後は呼吸しやすいように服のボタンをいくつか外したり、ベルトをゆるめてあげます。
呼吸が苦しそうな場合、顎を上に向けて気道の確保を行って下さい。
注意点として、けいれんが起きている最中に名前を呼びかけたり、体を押さえたり揺さぶる行為は行ってはいけません。
また、食事中などや嘔吐が見られた場合、上を向いていると吐いた物が気管に詰まる可能性があるので、発作後は顔を横に向けます。
けいれん発作が起きた後、しばしば眠ってしまうことがありますが、意識がもうろうとした状態になると、周囲の物にぶつかったり、危険なものに触ってしまう事があるので、軽く寄り添って意識が回復するまで保護してあげて下さい。
本人は意識が明確でないため、無理に行動を抑制すると思わぬ抵抗を表す事があります。

道道端で起こる突然のてんかん発作と介助方法

てんかんは突然発作が起こり、自然と治まります。
てんかんの発作が致命傷になることはありませんが、てんかん患者はいつ発作が起こるか分からない不安を感じているので、自分がその場にいたら適切な方法で介助するのが好ましいです。
まず気持ちを落ち着かせて高い場所や機械の近くといった危険な場所から離します。
メガネやコンタクトレンズ、ヘアピンなどで本人が怪我をしないように配慮しながら、衣服の襟元やベルトを緩めます。
激しくつっぱりガクガクと痙攣を起こしている場合は、下顎に手を当て上に押し上げて気道を確保します。
痙攣が治まったら大きく息を吐くので、顎を上げたまま体を横にして呼吸が安定し、意識が戻るのを待ちます。
食事中や食後は嘔吐物で窒息する恐れがあるので、唾液などを拭き取ります。
意識が混濁した状態でフラフラと歩き出したら、無理に止めずに危険な物を排除しながら回復を待ちます。
発作で転倒することが分かっていれば、ヘルメットを着用させたり手をつないだりします。
よく口に物をくわえさせますが、口の中を傷つけたり窒息させたりするので避けます。
意識が完全に回復するまでは、水や薬を飲ませないが良いです。
繰り返される発作の間に意識が回復していない場合や、一回の発作が長くて終わらない場合は、医師の処置が必要なので救急車を呼びます。
患者は発作の最中はどのような症状が出ているのか覚えていません。
医師も状態を把握することが難しいので、周囲の人が状況を観察してメモしていると良いです。
誘発になると考えられるものや、意識があったか、痙攣の有無とその状態、時間、体の変化など気づいたことを記録します。
当時の記録があると診療の良い判断材料になり、適した治療法を受けられます。

てんかん発作の介助中にしてはいけないこと

脳内の異常により起こる症状に発作があります。
その多くは原因が分かっておらず、例えば出産時の傷や交通事故によるものなど様々な理由によって起こるものとされています。
身近な人が突然に気を失ったり痙攣を発症した場合には、多くの人は声をかけたり、抱きかかえたり、また、救急車を呼んだりと対応をしますが、この場合には正しい方法で介助を行なう必要があります。
周りの人が発作の症状を起こしてしまった場合には、冷静な対処をすることが大切なことになり、まず、最初に周囲の安全の確保を最初に行う必要があります。
それは、火や水、機械などの危険な物の近くから遠ざけることや、ケガをしないように気を配ること、また、衣服の襟もとやベルトを緩めて上げることが必要になり、メガネやコンタクトレンズ、ヘアピンなども外してあげる必要があります。
発作の代表的な症状としては意識がはっきりとしない状態が続く介助を必要とする症状や朦朧とした状態で動きまわったりする自動症と呼ばれるもの、また、崩れるように倒れてしまう転倒を伴う症状があり、意識が戻るまでの間は適切な介助と、場合によっては救急車の依頼が必要となります。
周りの人などが発作を起こしてしまい、初めて立ち会った場合などではどうすればよいのか分からず慌ててしまいがちですが、この場合には対処をする上で行ってはいけないことがあることを認識しておく必要があります。
その内容としては、身体をゆすったり、抱きしめたり、また、叩いてみたり、大声をかけたりといったことがあり、刺激を与えることは避ける必要があります。
また、一般的に知られている、口に物をくわえさせたりといった行為も場合によっては口の中に傷をつけたり、窒息につながることもあり行わないことが重要です。
他にも、発作が終わった後で意識がはっきりしていない状態での水や薬も、窒息や嘔吐の原因になるために行わないようにします。

■おすすめのてんかん治療薬です
テグレトール
■他の薬と併用可能なてんかん治療薬です
ラミクタール